ivataxiのブログ

絵 文章 映画

ステルス・スニーカー

ステルス スニーカー

スニーカーは足音が聞こえないクツ。ステルス機はレーダーに写らない飛行機。40歳の時、中学校の同窓会で「あんたなんかおらへんかったわ」と、同じクラスの女性からいわれた。人生、ステルスでスニーカーなわたし。
という訳で最近「ステルス」というDVDを借りてみた。「ワイルドスピード」の監督さんで、期待しなかったのにうなされるくらい根深く心にクサビを打ち込まれた映画だった。ネットの映画評論によると「ステルス2」は「見ないほうがいい」という。この評はこれまで当たっていたので、見ようかどうしようか悩んでいる。
イギリスで物資がなく、エンジンとプロペラ以外はほとんど木でできた「モスキート」という偵察機(重い兵器などがあまり積めないので夜の偵察に特化)が、偶然レーダーに写らない「最初のステルス機」だったのではないかという。日本でも「兵器は積み、軽く安く早く長く飛ぶ飛行機を作れ」という軍の命令で「ゼロ式戦闘機」が作られたという。お陰で、パイロットの背中の鉄板もはぶかれ、主要な鋼材でも、グラム単位で穴をあけたりしてそぎ落とされた機体となった。中国での初戦では13機で二倍の中国機を無傷で壊滅したという。このウワサをアメリカは「そんなバカなことがあるはずはない」と、信じなかったようだ。のちに「ゼロに出会ったら、戦わず退却してもかまわない」ということになったという。だが、弾がかすっただけで簡単に燃える機体。急降下に耐えられず、羽根が途中でもげたりという弱点を知られることになり、最初は名うてのパイロットを投入したが、どんどん無駄に機体と共に海のモクズとなった。戦況が悪くなり、十分育たないパイロットに、竹や油紙を多用する終盤の機体。帰りの燃料もなく、弾が当たったら体当たり。終戦後、ゼロ戦の機体がアメリカで研究されていくつもの不思議を発見したようだ。おそらく、無人機としてゼロ戦を使うことはステルスという点でも可能かも。
映画「ステルス」の中に、表面のステルス機能を失い「地上4.9m以下・時速800km以下で飛ぶとレーダーに写らない」ようなシーンがあった。プロペラで木を多用すれば、ステルス機能の高まるかも。
スニーカーとは違うが、バスケットシューズに「ナイキ・エア・ジョーダン」という幻のクツがあった。1990年に、似たのを買ったが、足ばかり大きくてドナルド・ダックみたいになった。ナイキが「エアーでクッション性を良くしたこと」と「マイケルジョーダンが空中で滞空している時間が長く、空中でのパフォーマンスが見せる」ということから、二つが「エアー」つながりであったという縁だったようなのだ。
そう、ぼくはステルスでスニーカーのような存在という話。

 

勘助 由布姫 信玄

勘助と由布姫と信玄

山本勘助という人は架空の存在ということになっている。最近図書館で借りた「歴史人」の中に「市川文書に菅助申すという記録があった」という。どうやら、存在はしたようだが、最前線武闘派ではなく、知的後方知略戦略城作り担当だったのかも?何しろ諏訪を落とし、城主を自害させた勘助。美しい姫(由布姫・湖衣姫・諏訪の御料人・勝頼の母)と出会う。「その娘を娶りたい」と、信玄に進言。でも、周囲からは「自分の父親を自害にい追い込んだ主と結婚すれば、首をかかれても可ナリ」ということに。いきさつはわからないが、結局、おやかた様の信玄の側室として、息子勝頼の母となりロウガイで早世。なので、信玄の死因はロウガイだった説が長い。最近は「胃がん説」も。
ここからは、勝手な妄想を申そう。
信玄は自分が手下(といっても重鎮)勘助のみつけたオンナを手つきにした。そう見せかけて、実は勘助と由布姫は事実婚。子供も実は勘助の子。勘助は戦争ですぐ亡くなる。由布姫も病死。もし、勘助の子ならば、信玄はロウガイがうつってはいないかもしれない。残る絵では、信玄と勝頼はあまりに似ていない。勘助は戦争の傷で異形だったため、今川の家臣に志願を却下されたようだ。武田は婚姻で今川とは深い親戚だから、そんな内容も知って余りある「勘助の才能」を買って生かしたのではないか?信玄はそのような才能を見抜く異能があった。数奇な人生の果てにオヤカタ様に拾われた武士たちは、その命を差し出した。信玄は「国は部下を食わせること。民百姓を餓えさせないこと」に気を配った。だから、民も部下もついてきた。その遺産は勝頼が短時間に消耗させた形。もし、勘助の遺伝子だったのだったら?という疑問がボクの中には混沌と残る。武勲で失った身体の欠損がない、若い勘助は、意外とイケメンだったのではなかったか?少なくとも勝頼は美丈夫。おそらく、由布姫の当時の美女のオモモチが半分。残る遺伝子の半分が、信玄なのか勘助なのか?と、夜中にうなされる日々。

裏庭 転落

裏庭 転落

昨年も同じ頃、裏庭の木の剪定をしたという記録を家人が見せる。「剪定してね」という意味。柏とスモモはわかるが、あとは知らない木のハッパを切る。いけばな用の小さいハサミ一本。ワサワサしたアフロヘアみたいなハッパの茂り。ともかく視界を広くしたい。目線近くを切って、その周辺に広げる。お隣との境目のブロックはこの家と同じ歳月だから40年ほど。一部、くちはてていて、そこから転落した。ボクの人生の縮図。幸い庭は湿って柔らかい土だった。脊髄に衝撃を与えてはいけないので、少し心配。剪定は楽しいが、切った枝・葉をゴミ袋に詰める作業は仕事みたいでいやだ。テントウムシ・カマキリの子供・数え切れないアリなどを見た・触った。久しぶりだ。見えないが蚊の羽音も聞いた。虫食いのハッパには見えないがケムシがいるのだろう。どうもケムシは好きになれない。剪定を終えると、五分刈りの頭みたいにスッキリした。風が通る庭はいい。スモモの実を一つ落としてしまった。大きめの梅の実のようだ。

ラジエーションハウス 脳脊髄液減少症

窪田まさたかさんの主演「ラジエーションハウス」は、期待されていなかったのかも知れないが、視聴率は高かったようだ。最後の手術「脳脊髄液減少症」が、ヒトゴトではない。2008年にぼくもその手術を受けた。まだ、労災認定されていなかったから、高額医療だった。原因もいつからなのかもわからない「カゼですね」と、近くの病院で熱がないので見てももらえなかった。立つことも座ることもできない。頭が痛くて「カゼ薬を飲む」だけで、ただ寝ていた。食事の時間さえ、頭を起こすことが苦痛で、一口口に入れるたびに、倒れていた。仕事にも行けないから「怠けている」と、家族にもいわれる。2007年末から、家で寝ていたが、もうガマンできなくて遠くの大きな病院に2008年1月4日、ようやく病院が開いたので行ってみると「内科」はパニックの患者の多さだった。「他に症状は?」と、受付でいわれ「頭が痛い」というと「脳外科は空いていますから、一応、見てもらっては?」ということに。CTで「最近、くも膜下出血のあった跡がある」という。「ここでは手術できないから、別の病院に転院してもらいます」という。外聞もあるから、救急車ではなく、事務員さんの付き添う普通のワンボックスで向かう。
別の病院で、一人ストレッチャーの上で放置され気を失う。
緊急でCTと造影剤を入れたMRで、概要を見る。「検査入院」ということで、1/7まで置いてもらった。
「もし、くも膜下出血ならば、もう一回爆発がある。動脈のコブを発見して手術すれば助かる可能性がある」という。でも、コブは発見されず「硬膜内けっしゅ」が発見された。この手術だけなら簡単らしい。でも「脳が下がっています。アルツハイマーのような画像です。もう少し考えてもらえますか?」という。「低体圧症候群。別名、脳脊髄液減少症、という恐れがあります。熱海に有名な病院があるので連絡してみます」という。症状がどんどん悪化。熱海に移動することもできず、その病院で手術をすることに。「まだ誰も手術をしたことがないケースで成功例もないが、このままだと死んでしまう」というので、最善を尽くす手術が行われた。ぼくは意識のない状態で、家族が医師と話し合って手術を受けた。
このドラマで「手術の内容を見れるかも?」という期待があったが、まったく手術の内容は描かれなかった。

股間交換

ある男がいきなりドアの前に立っていた。

その前に「ピンポ~ン」と、ドアホンが鳴ったかも知れなかった。

自宅ではほぼ裸で暮らしているから、こんな時あわてて最低限の衣類を体に巻き付けて外に出る。

その男は名刺を出したかも知れないし、いきなり話始めたようにも思える。

ともかくこうだ。
「あなたのモテあましている股間を、ぼくに譲ってもらえませんか?」というのだ。
「ああ。ちょうどよかった。じゃあそうしましょう」ということになった。
その男は、実はまだ完全な男とはいえない男だった。
整形手術で、男らしい外観は手に入れたのだが、生殖器は誰かに譲ってもらわなくてはいけないらしい。

そうすれば、女性と結婚して子供を産むこともできるし、正規の結婚として保険加入とかも簡単になるという。

彼は、女性の体に生まれたが、男性の心を持ってしまった。

ようやくここ日本でもそういう状態を認める傾向にある。

あとは「ドナー」だが、死んだ人というのではなく、生きている男性の承認を得て、性器を移植するのがベターだという。
彼にとってのベターはとてもいいに近いベターであり、ドナーのとってはかなりマズイに近いベターだろう。
手術を受けて、オレは持て余していた股間のイチモツを失った。

一応、その元女性の性器を移植してもらった。

だから「オレ」という一人称も、最近は「ボク」に変わった。

男になりたかったその女性から、一定の金額が毎月振り込まれているから、少しは生活の足しにはなった。

持て余していたと思っていても失ってみると、意外に毎日目にして手にもした物だったのだな、とおかしな気分にもなった。
しかし、少しづつ慣れるしかない。
深夜寝ていると、妙に寝苦しい。

ないはずの股間がうずくのだ。
どうやら、移植した先方が今、女性とソレを交えて性能チェックの真っ最中らしいのだ。

よく、心臓や眼球などを移植した場合、自分とは違うドナーの記憶などがリンクするケースもあるという。

離れていても肉親の痛みが伝わるように、離れても自分の分身の経験が伝わるのだろうか?
ボクは元々童貞だったから、ソレがどんな感覚なのかは知らない。

彼は整形によって女性の好む外観を持っているから、道行く女性たちは放置するはずもない。

なので、毎夜毎夜、いや、昼も夜もないはずの股間が悩ましい。

足軽 鎧

殿様とかは鎧兜だ。身を守るということと、アピールもあるだろう。一方足軽は、走るのが仕事だからなるべく軽い武装。戦闘では負ける。防御も武器も最低。逃げるか相手を遠くから数で威嚇。戦うにしろ、槍一本・刀のみのように武器は選べなかっただろう。交代式の鉄砲の攻撃に変わり、馬止めで馬の攻撃を止めながら、鉄砲で相手を近づけて撃ち取るという戦略変更の早さに、長篠城の合戦では織田・徳川連合が武田の軍を破った。「歩」の使い方も変わる。

ステルス的な日本の戦闘機

映画「ステルス」で、戦闘中にステルス能力を失い「低空4.5mを維持して速度を落とす」という場面があった。イギリスの「モスキート」という夜間偵察機は、物資が足りず、エンジンとプロペラ以外は木製だったのでレーダーに写りにくかったという。ゼロ戦なども軽くして武器をたくさん積んだが、武器を極力積まず(ステルスもそう)金属を減らし、木製で作れば、レーダーには写りにくいだろう。曲芸飛行などができる操作性にして、敵を見たら逃げるという日本的でない戦法が取れれば良かったのかも?